防犯をしたいのであれば窓ガラスから整備すべき

bouhan_mado
防犯を考えるときに、自宅のどの部分を重点的に強化しようと考えますか?空き巣被害や不法侵入者の対策を考慮すると、おそらく玄関あたりや入口の鍵などを挙げられる傾向にあるのではないでしょうか。確かに侵入経路としては玄関はかなり大きな役割を果たしますので、ピッキング被害などによって空き巣や不法侵入者の被害に遭わないようにするためには、玄関周りの整備が大切であるとも考えられます。しかし、実際のところ不法侵入を行う人間は、玄関から入るパーセンテージが少ないのが実情です。そしてそれらの犯罪者たちは、実は窓ガラスなどから侵入する傾向が高いと言われています。そのため、防犯をしたいのであれば窓ガラスから整備すべきであると言えるのです。

窓ガラスを整備するといっても、どのような整備をすればいいのかわからない、そんな感覚に陥ってしまうかもしれません。窓ガラスは単一の種類しかないような印象があるため、そのような感覚に陥るのも無理はないでしょう。しかし、実は窓ガラスは非常に多くの種類があり、その中には防犯対策に大きく貢献してくれるタイプの窓ガラスもあります。そのため、窓ガラスを整備する上では窓ガラスの種類を適したものにすることが最善な方法だと思います。

窓ガラスの中でも防犯に向いているのが、強化ガラスであるとか合わせガラスなどのとても強いガラスです。このガラスは普通であれば割れるようなダメージであっても受け止めてくれますから、不法侵入者が力任せに窓ガラスを割ろうとしても割れずに侵入を防いでくれることになります。そうすると犯罪者は自宅に入ることができません。

私たちは防犯について、玄関の鍵を整えれば良いとかダミーのカメラを置いておけば良いなどと考えてしまうかもしれません。しかし、それらを行う前に、まずはウィークポイントとなる窓ガラスを強化して整備し、犯罪者の侵入などについて備えるようにしておきましょう。

続きを読む